[基礎知識]Flutter/WebアプリをWebサーバーにデプロイする手順

1月 4, 2024
0 0
Read Time:13 Second

 Flutterで開発したWebアプリケーションをWebサーバーにデプロイする手順です。

1.ビルドの実行: Flutterプロジェクトでターミナルを開き、Web向けにアプリケーションをビルドするためのコマンド flutter build web を実行します。これにより、ビルドされたアプリケーションがプロジェクトの build/web ディレクトリに生成されます。

2.ビルド済みファイルの準備: build/web ディレクトリ内のファイルを、デプロイしたいWebサーバーにアップロードするために準備します。通常、これにはHTML、CSS、JavaScriptファイルなどが含まれます。

3.Webサーバーへのアップロード: ビルド済みのファイルを選択したWebサーバーにアップロードします。これはFTPクライアントを使用するか、またはWebサーバーが提供するファイル管理インターフェースを使用して行うことができます。

4.設定の確認と更新: サーバー上でのファイルの配置後、必要に応じてサーバーの設定を確認し、更新します。例えば、リダイレクトの設定やHTTPSの設定などが含まれることがあります。

5.テストと公開: デプロイ後、Webブラウザを使用してアプリケーションが正しく動作するかをテストします。問題がなければ、アプリケーションは公開され、インターネット経由でアクセス可能になります。

 

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す