0 0
Read Time:1 Minute, 6 Second

1.MySQLコンテナの作成

 Docker Desktop(v4.19.0)で、MySQL(8.0.33)コンテナを作成しました。
 (※前回は、docker-compseコマンドで、簡単に、環境作成をしましたが、今回は、Dockerfileを作成し、dockerコマンドでコンテナを作成する手順で、環境を作成しました。)

(1)Dockerfile用フォルダ作成

 例)C:\Tool_Files\docker_files

(2)MySQLデータベース格納場所作成

 例)C:\Tool_Files\docker_files\MySQL\8.0.33\data

(3)my.ini作成

 例)場所: C:\Tool_Files\docker_files\MySQL\8.0.33

   ファイル: my.ini

   内容:

(4)Dockerfile作成

 例)作成場所:(※上記1の)C:\Tool_Files\docker_files

   ファイル名:Dockerfile

   内容:

(5)my.cnf作成

 例)作成場所:(※上記3の)C:\Tool_Files\docker_files\MySQL\8.0.33

   内容:

(6)Docker Desktop 起動

(7)Dockerイメージのビルド

  >docker build -t mysql-image .

(8)(上記で作成した)Dockerイメージの確認

(9)MySQLコンテナの作成

  >docker run -d –name mysql8.0.33-container -p 3306:3306 -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=damedame mysql8.0.33-image

(10)(上記で作成した)MySQLコンテナの確認

(11)作成したMySQLコンテナのおさらい

 以上で、MySQLコンテナが作成され、ポート3306でアクセス可能になります。
 MySQLアカウントは「root」で、パスワードは「damedame」です。

 必要に応じて、ポートのマッピングや追加の環境変数の設定など、コンテナの作成オプションをカスタマイズすることもできます。また、docker builddocker runコマンドのパスやイメージ/コンテナ名なども変更できます。

[注意] ここで、当たり前なのかもしれませんが、Windows上で、Dockeコンテナを作成するにあたり、MySQL InstallerはWindows用のインストーラであり、通常はWindows上で直接インストールして使用されます。ゆえに、Dockerコンテナ内でMySQL Installerを使用することは推奨されません。代わりに、公式のMySQL Dockerイメージを使用することをお勧めします。

(12)過去に作成したコンテナは、次のコマンドで確認することもできます。

  >docker ps

2.(上記で作成した)MySQLコンテナへの接続

 上記で作成したMySQLに、以下の手順で、実際に接続できます。

(1)

① コマンドプロンプト起動

② docker exec -it <コンテナIDまたはコンテナ名> mysql -u <ユーザー名> -p

  >docker exec -it mysql8.0.33-container mysql -u root -p

③ パスワードを入力する

④ MySQL起動を確認する

⑤ (試しに)データベース一覧を表示してみる

  > show databeses;

 以上で、Docker Desktop上のMySQLコンテナに、Windows10のコマンドプロンプトから接続、動作確認ができました。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す