[基礎知識]VS Code/ショートカットキー

1月 4, 2024
0 0
Read Time:49 Second

サイドバーの表示・非表示の切替

  • Windows/Linux: Ctrl + B
  • macOS: Command + B

統合ターミナルの表示・非表示

 Ctrl + J

 個別表示は以下の通り。

  • PROBLEMS: Ctrl + Shift + M (Windows と Linux) / Cmd + Shift + M (macOS)
  • OUTPUT: 統合ターミナルを開いた状態で (Ctrl + ` / Cmd + `)、タブの右上にある「OUTPUT」をクリックするか、Ctrl + Shift + U (Windows と Linux) / Cmd + Shift + U (macOS) を使用します。
  • DEBUG CONSOLE: デバッグセッションを開始すると自動的に表示されますが、手動で開く場合は、統合ターミナルを開いてタブをクリックするか、Ctrl + Shift + Y (Windows と Linux) / Cmd + Shift + Y (macOS) を使用します。
  • TERMINAL: Ctrl + ` (Windows と Linux) / Cmd + ` (macOS)
  • PORTS: このセクションは通常、Remote Development 拡張機能と連携して使用されます。デフォルトのショートカットはありませんが、”View: Show Ports” アクションを “View” > “Command Palette…” (Ctrl + Shift + P / Cmd + Shift + P) で検索して実行することができます。

検索

  1. 検索ウィンドウの開き方:
    • キーボードショートカットを使用: Windowsでは Ctrl + Shift + F、Macでは Cmd + Shift + F を押します。
    • または、サイドバーの検索アイコン(虫眼鏡のアイコン)をクリックします。
  2. 検索語句の入力:
    • 検索バーに検索したい文字列を入力します。
  3. 検索オプション:
    • 大文字と小文字を区別する、単語単位で検索する、正規表現を使用するなど、さまざまなオプションが利用できます。必要に応じてこれらのオプションを調整します。
  4. 検索の実行:
    • 入力後、エンターキーを押すか、検索ウィンドウ内の検索ボタン(虫眼鏡アイコン)をクリックします。
  5. 結果の確認:
    • 検索結果は検索ウィンドウに表示されます。各結果をクリックすると、その部分がソースコード内でハイライトされ、編集画面に表示されます。

デバッグモード

  1. ブレークポイントを設定:コードエディタで、value: levelという行の左側の余白をクリックして、ブレークポイントを設定します。小さい赤い点が表示されるはずです。
  2. デバッグセッションの開始:メニューバーの「Run」から「Start Debugging」を選択するか、キーボードショートカット(WindowsではF5)を使用してデバッグセッションを開始します。
  3. アプリの実行と停止:アプリを通常通りに実行し、設定したブレークポイントでコードの実行が停止するまで操作します。
  4. 変数の確認:実行が停止したら、デバッグサイドバーの「VARIABLES」セクションでlevel変数の値を確認できます。
  5. ステップ実行:必要に応じて、ステップオーバー(F10)、ステップイン(F11)、ステップアウト(Shift+F11)を使用してコードを1行ずつ実行し、変数の変化を追跡できます。
  6. 監視式の追加:特定の変数や式を常時監視したい場合は、「WATCH」セクションに式を追加して常にその値を見ることができます。
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す