[基礎知識] Git と Git-Hubの違い

6月 5, 2023
0 0
Read Time:13 Second

 GitとGitHubは、両方ともソフトウェア開発におけるバージョン管理に関連していますが、異なる役割と機能を持っています。

Git:

  • Gitは、分散型のバージョン管理システムです。
  • プロジェクトの履歴や変更履歴を追跡し、異なるバージョンを作成・管理することができます。
  • ローカル環境での作業が主な焦点であり、リモートリポジトリとの同期やコードの共有は、別途行う必要があります。
  • ブランチやマージなどの操作をサポートし、複数の開発者が同時に作業を行う際にも効果的です。
  • プロジェクトの履歴や変更履歴は、ローカルのGitリポジトリに保存されます。

GitHub:

  • GitHubは、リモートホスティングサービスであり、Gitリポジトリをオンラインでホストするためのプラットフォームです。
  • Gitの機能に加えて、プルリクエスト、イシュートラッキング、チームコラボレーションなど、ソフトウェア開発におけるさまざまな機能を提供しています。
  • プロジェクトのリモートリポジトリは、GitHub上で管理されます。
  • 開発者は、リモートリポジトリをクローンしてローカルで作業し、変更をプッシュしてリモートリポジトリに反映させることができます。
  • GitHubは、ソースコードの共有、コードレビュー、バージョン管理の可視化、プロジェクトのドキュメント管理などの機能を提供し、チームベースのソフトウェア開発をサポートします。

 要約すると、Gitは分散型のバージョン管理システムであり、GitHubはリモートホスティングサービスとして、Gitリポジトリのホスティングやソフトウェア開発に関連するさまざまな機能を提供しています。Gitはローカルでの作業に重点を置き、GitHubはコラボレーションと共有を強化したオンラインプラットフォームといえますね。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す