[Q&A] Windows10のHyper-Vマネージャーに、Windows11開発環境は表示されますが、Windows10開発環境が表示されていません。なぜでしょうか?

5月 10, 2023
0 0
Read Time:17 Second

Windows 10のHyper-VマネージャーにWindows 11開発環境が表示されているのは、Windows 11開発環境がHyper-V仮想マシンとして実行できることを意味します。一方、Windows 10開発環境が表示されない場合は、いくつかの原因が考えられます。

1.Hyper-Vが有効になっていない Windows 10のHyper-VマネージャーでWindows 10開発環境を表示するには、Hyper-Vが有効になっている必要があります。Hyper-Vを有効にするには、コントロールパネルからWindowsの機能の有効化または無効化を選択し、Hyper-Vを選択してインストールする必要があります。

2.開発環境がインストールされていない Hyper-Vマネージャーに表示される仮想マシンは、開発環境がインストールされている必要があります。Windows 10開発環境をHyper-Vマネージャーに表示するには、まずWindows 10開発環境をインストールする必要があります。

3.バージョンの制限 Windows 10のHyper-Vマネージャーには、Windows 10に対応した開発環境が表示されます。新しいバージョンの開発環境は、Windows 10でサポートされない場合があります。この場合、Windows 11と同様に、Hyper-Vマネージャーには表示されません。

上記のような原因が考えられますが、詳細な設定や環境によって異なる場合があります。適切な設定を確認し、必要な場合は開発環境をインストールすることで、Hyper-VマネージャーにWindows 10開発環境を表示することができます。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す