PyCharm 3.11.1 で、Kivyの設定を行うための、具体的な手順を詳しく教えてください。

4月 16, 2023
0 0
Read Time:24 Second

PyCharmでKivyの設定を行うための手順を以下に示します。

1.PyCharmを開きます。

2.プロジェクトを開いている場合は、プロジェクトのルートディレクトリを表示します。

3.ツールバーの「File」→「Settings」を選択します。

4.「Settings」ダイアログが表示されたら、「Project: [プロジェクト名]」の下にある「Python Interpreter」を選択します。

5.右上の歯車アイコンをクリックして、「Add…」を選択します。

6.「Add Python Interpreter」ダイアログが表示されたら、「Virtualenv Environment」を選択し、「Base interpreter」の横にある「…」をクリックします。

7.「Python Virtualenv」ダイアログが表示されたら、「Location」に仮想環境の作成先のパスを指定します。例えば、プロジェクトディレクトリの直下に仮想環境を作成する場合は、プロジェクトディレクトリのパスに「\venv」と追加します(例: C:\Users\ユーザー名\プロジェクト名\venv)。

8.「Base interpreter」には、KivyをインストールしたPythonのパスを指定します。通常はシステムにインストールされたPythonのパスが表示されています。もしKivyを仮想環境にインストールした場合は、仮想環境のPythonのパスを選択してください。

9.「OK」をクリックして、仮想環境を作成します。

10.作成された仮想環境が「Python Interpreter」のリストに表示されるので、それを選択します。

11.右下の「OK」をクリックして、設定を保存します。

以上の手順に従って、PyCharmでKivyの設定を行うことができます。これにより、Kivyを使用したプロジェクトをPyCharmで開発および実行することができます。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す