0 0
Read Time:11 Second

人間に取り付けなかった(いわゆる)人ダニは、どうやって生き延びているのでしょうか?

人ダニは、人間以外の哺乳動物や鳥などの動物の体に寄生して生き延びることがあります。人間に取り付けられることができない理由は、人間の皮膚表面にある角質層が厚く、また汗や皮脂が分泌されているため、そのような環境に適応していないためです。

したがって、人ダニは野生の動物やペット、あるいは家畜などに寄生して生き延びています。彼らは、宿主の血を吸うことで栄養を得ています。また、彼らは植物や土壌中に生息することもあります。

人ダニが寄生する動物には、鳩やハト、ネズミ、カラス、ウサギ、鹿、イヌ、ネコなどがあります。彼らは、野生の環境で生活しており、人間が住む場所から離れた場所に生息しています。

人ダニが生き延びるためには、宿主動物を見つけ、その体に取り付いて血を吸うことが必要です。人間に取り付けることができないため、彼らは適切な宿主を見つけることが必要です。また、彼らは食料や水を得るために、植物や土壌中の微生物を摂取することもあります。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す